熱帯魚等、水槽で飼うペットへの愛情は薄いのかの話 1

熱帯魚の水槽の手入れは大変な重労働です。小さな水槽でも水が入っていれば数十キロほどにもなるのです。水1リットルは1キロの重さがありますから、その水槽を満タンにして動かすのはとても危険が伴います。しかし多くの場合、熱帯魚を飼育しながらの水槽の手入れの場合、水槽から水と共に熱帯魚を出して仮にバケツ等に入れておかなければなりませんから、水が満タンの水槽を運ぶことはまずほとんどありません。それでも重い水槽を運び、コケをこすり取ったり、砂を洗ったり、フィルターを交換したりします。そうして、水槽を元の位置に設置し、そこで作っておいた水を入れ、安定させてから、再び熱帯魚を戻すのが、水の全替えです。しかし、熱帯魚を飼っていない多くの人はこう思うはずです。「魚は懐くわけでもない、触って可愛がることも出来ない、時には共食いしたりする。

主人公になりきった新郎・新婦の映画チケット風席礼が人気☆

沖縄 イベントホール

利用規約や個人情報保護法などの法律に関わる書類を作るのって難しい。

蜂駆除

ダイエットのために運動を始めました♪

  • TOP
  • 熱帯魚等、水槽で飼うペットへの愛情は薄いのかの話 2
  • ダンス教室でのダイエット Part1
  • ダンス教室でのダイエット Part2